長財布のメリットとデメリット

ブランド品の財布の中でも人気のあるタイプが長財布です。長財布は高級感があり、また目立つため、ブランド品であることをアピールするという目的に合致しているからです。最近は特にキャッシュレス化が進んでいることから、カードポケットの多さに惹かれて長財布を選択する人も増えています。

とはいえ、長財布にもデメリットがありますから、購入する前に自分の用途をきちんと認識しておく必要があります。もちろん単に見せびらかしたいのであれば、初めから長財布を選択しても問題ありません。大きな長財布はその素材(例えばレザー)の良さを十分に引き出してくれます。寿命も丁寧に扱えば二つ折りの財布と変わりません。

他方、財布に機能性を求める人であれば、長財布のデメリット、特にその大きさについては十分考慮した上で選択しましょう。ズボンのポケットに入れられる長財布は滅多に見つかりませんし、無理に入れられたとしても落としたり盗まれたりする確率が上がります。ほとんどの人は長財布をバッグに入れて持ち運んでいるのが実情です。ウォレットチェーンや胸ポケットがあれば別ですが、その場合は余計な予算を計上しなければならない可能性があります。

長財布はこうしたデメリットさえ問題視しなければ、豊富な種類の中から自分に合った商品を選択する喜びも与えてくれます。例えばかぶせ蓋、L字ファスナー、ラウンドファスナーといった長財布は、それぞれの機能や与える印象がまるで違います。

レザーの魅力はトドマラナイ!  のTopへ